MISSIONSAIEがめざすものABOUT

新産業を創出する人材を育成

FEATURE 01ソフトウェア、ハードウェア、
そしてアーキテクチャ技術

第4次産業革命、超スマート社会(Society 5.0)の実現に向けて、社会のあらゆる場面で現実空間とサイバー空間を融合させて新たな情報価値を創生するためには、ビッグデータを解析する「ソフトウェア技術」はもとより、良質のデータを創出するデバイス開発を手がける「ハードウェア技術」、さらには低消費電力・高性能計算を実現するプロセッサの「アーキテクチャ技術」のあらゆる技術層における研究開発が必要です。

人工知能エレクトロニクス卓越大学院プログラム(AIE)では『スピントロニクス』を中心として、スピンデバイス、超高感度センサ等の「人工知能ハードウェア」研究を基盤にしつつ、「人工知能ソフトウェア」および「人工知能アーキテクチャ」の研究開発も広く展開する『人工知能エレクトロニクス(AIE)』という新しい産業分野を創出するための卓越した人材を育成します。

FEATURE 02「実践力」と「俯瞰力」
そのための教育体制

人工知能エレクトロニクス卓越大学院プログラム AIE では、「新産業の創出に資する領域」を最も重視する領域として、このような人工知能エレクトロニクスの研究環境の下で、産学連携・社会連携を意識して「社会課題の解決」と「新たな価値の創出」を実現する『実践力』と、Society 5.0 における現実空間とサイバー空間およびそれらを繋ぐあらゆる空間を見通せる『俯瞰力』を習得することで、異分野技術を巻き込み「継続的イノベーション」を起こすことができる卓越した博士人材を育成します。

そしてAIEでは、幅広い学問分野の専門性の高い研究者による『学際融合教育』と民間企業の研究者と大学の研究者の協働による『産学連携教育』を、大学院5年一貫教育として構築します。特に産学連携教育では、PBL(Project Based Learning)科目群を設置し、多方面の課題解決力を習得させ、産業界で活躍できるリーダー人材を育成します。また、国際舞台で中核となってグローバルに活躍する卓越した博士学生を育成するため、国内企業の海外拠点を活用した海外企業インターンシップ、本学と企業との共同研究に学生研究員として参画する企業共同研究インターンシップなどの多彩なインターンシップを受講可能とし、産学連携・社会連携を意識した実践力を有した学生を育成します。

FEATURE 03OPERAとの連携
在学就職精度

本学で実施されている「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」(OPERA)においては、民間企業18社と連携し世界最先端の研究開発を進めており、これと連携することで十分な実績に基づいた産学連携教育を行えることがAIEの特色のひとつです。またAIEには、工学研究科をはじめとして 6 研究科が参画しており、これらの研究科が密接に連携してディシプリン横断型学位プログラムを推進することで、高等大学院構想にもとづく大学院改革に大きく貢献します。

またAIEでは企業就職をめざす卓越大学院学生のキャリアパス支援のため、在学中に就職できる『在学就職』を制度化します。この在学就職制度は、教育パートナー企業との連携により初めて実現するものであり、就職を目指す博士課程学生にとって新しいキャリアパスとなり、本プログラムの大きな特色の一つです。